夏のシフォンケーキ作りは失敗する確率が高くなる!?原因を知って、対策を万全にしてから取り掛かる必要がありますね。底上げ、大穴等の失敗

豆知識

シフォンケーキ専門の教室を始めて、小麦粉の時期も入れると、2回目の夏!

 

夏のシフォンケーキ作りをしていると、失敗の落とし穴にはまってしまうことが多いです。

メレンゲの温度管理をきちんとしていても、1度の差でも異変が起きてしまうのが困りもの。

 

スタジオであれば、しっかりと冷房で温度管理されているので、パンだってスタジオ内ではオールシーズン失敗を感じませんよね。

ですが、家での環境の事を詳細に説明を受けていなかったら、暑い夏の日にいざ家で復習してみたとき、とんだ目に合ったことはありませんか?

気温と生地の事をよ~く知っておかないと、夏のお菓子つくりは難しく感じてしまう可能性があります。

 

粉雪では、そんな温度管理について、詳細にお話をしています。

シフォンケーキ作りは化学ですなあ~・・

科学が嫌いだった私ですが、シフォンケーキについてだけなら、お得意分野に!

 

野菜やフルーツを扱うシフォンケーキは、普通のシフォンケーキを作るよりも、温度や湿度に影響を受けてしまいます。

 

なので、要因をあらかじめ知っておいて、ちゃんと対処してから作り始める必要があります。

そんなお話も、夏のレッスンではお伝えしていきますね。

動画でもちょっと、そんなところを一部お話ししてみました!

 

「失敗してもあきらめないで~ 。作れば作るだけ、腕は上がります!」

 

と言いたい!

冬のんびりでも大丈夫だったのに、夏になると失敗の数が増えるのは、気温も考えられます。

メレンゲや生地の温度が、外気温に影響を受けて、壊れやすくなってしまいます。

 

ですので、夏のシフォンケーキ作りは、いつもより手際よく作業を行う必要があるんです。

動画はこちら → ★

コメント

タイトルとURLをコピーしました