アメリカ在住の生徒さんが米粉のシフォンケーキ教室へ。一度に3台焼き!シフォンケーキレッスン開催

粉雪シフォンの教室について

こんばんは! 米粉シフォンマイスター直子です♪

ななんと、6日は、以前オンラインレッスンでご受講頂いていたアメリカ在住の日本人の方が、はるばる岡山の土地まで足を運んでくださいました!

アメリカ在住歴28年と言われる生徒さん。

 

お取引の最中から、レッスンご受講の段階まで、とてもご丁寧で知的な感性をお持ちの方だなあ!

と感じる方でした。

 

お会いできることを、前夜から、わくわくしながら待ちわびていました♪

 

そして当日がやってきました!

いつも通りの準備をしながら過ごしていると、時間通りにご来場くださいました。

 

お部屋に入られるや否や、印象的なお言葉

 

「わ~、画像で拝見している景色だあ。本当に実在してる~」

 

というリアクション♫

 

おもしろ~い💛

 

しょっぱなからもう、仲良し気分です(笑)

 

そこからスタートレッスンが始まります。

改めての自己紹介は、お互いに不要な関係なのがオンラインの素晴らしいところ。

 

いやでもね、やっぱり話足りないですよ、まだまだい~っぱいアメリカンな生活を伺いたかった~!

ラスベガス旅行が日常的でしたよ、とあっさり言われるその生活スタイルへの驚きを隠せないまま、もっと雑談したい思いをグッとこらえ、時間通りに終わることに意識を集中して頑張った私でした(笑)

 

リアルでのスタートレッスンでは、シフォンケーキの発症の由来から、グルテンフリーに関するプチ知識をお話しします。

 

米粉に変えた場合の特徴など、導入があります。

 

さて、そこからは猛ダッシュでシフォンケーキ作りが始まりますよ♪

乳化の必要性もお伝えしました。ステンレス製のボウルのほうがちょっと乳化の仕方がらくちんに♫

 

粉雪のデモ → 生徒さんの実践3つ

 

と、水分の材料を準備しつつ制作していきます!

 

 

生徒さんも、プレーンは、トール12㎝に挑戦!

 

今回リクエストいただいたスタンダードメニューは

「黒豆コーヒーとバナナ」「フレッシュパイナップル」です!

 

 

さすが、アメリカでも簡単に手に入れられる材料のシフォンケーキをチョイス!

しかも、美味しい事請け合いのお勧めメニューだったので、粉雪も精が入りました。

アメリカでは、パイナップルが年中お手頃価格で手に入るという事ですから、是非とも定番メニューにして頂きたいと思いましたね♡

 

理解して頂く速さもあってか、本当に生地も初レッスンとは思えない上出来な仕上がりでした!

 

私が焼いた23㎝シフォン型と、生徒さんが焼いた20㎝型を並べて遊んでみました。

23㎝は高さも出るから本当に貫禄あります!

たまに、23㎝焼きが登場しますので、それを見られた今日は、運がいい日だったんですよ♪

 

 

シフォン21を只今ご予約中ですと言われる生徒さんは、さっそくその包丁で型外しされたのですがもう言う事ナッシング!

これ、フワじゅわの度合いが大きめのパイナップルシフォンです。

扱い方も気を付けて下さって、バッチリの型外しが出来ました!

 

型に残った生地も、えらい均一!

手元がしっかり固定されていることが伺えますね。

あとは、空っぽの型で、再度傾き加減や力の入れ具合を再確認して頂ければきっともう、生徒さんは包丁が届き次第、上手くいくこと間違いなしです。

 

 

ラストが一番うまくいきました!

黒豆コーヒーとバナナの米粉シフォンケーキ。

 

じゃ~ン

カメラのセルフタイマーと言う機能で自撮りしてみました!

二度とないかもしれない生徒さんとのツーショット記念になりました~✨

 

甘さがあまり好きではないといわれる生徒さんですので、クリームやその他不要で、ご自身の好きな味に仕立てていけることにずいぶん喜びを感じて頂いているようでした💛

 

また、プレーンをこのようにして頂く味も、想像が出来なかった・・・と

珍しさに感激して頂けたようです♫

 

学び多い一日となって頂けていたらいなあ~と思います!

 

今日はちょっと、そうたびたびないスペシャルゲストにお越しいただいた感覚でした。

車で数分で来られる生徒さんもいらっしゃれば、飛行機と新幹線でしか来る手段が無い生徒さんもいらっしゃる。

 

底までしてかよってきてくださったことには、心から感謝しかありませんし、今後も、他のリアル対面の生徒さんと同じく、

自分で上手に焼けるようになるまで、アフターフォローを続けさせていただきたい、と痛感している次第です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました