シフォンケーキの型外しでお悩みの方へ。型外しで「失敗作品になる悲劇」から免れる包丁選び

粉雪シフォン成功の豆知識

みなさんこんにちは。

最近は、粉雪シフォンの門を、初めて叩きに来てくださる生徒さんも増えてきました。

特に今のご時世だと、リアルが難しいというお気持ちから、オンラインでのご受講に決定される方が続々増えています。

 

オンラインレッスンと言えば、動画で予習して頂いた後の、添削です。

 

その添削の際に、

 

表面が

ガサガサになったうえに、生地の中がえぐれて見えてしまい、高さもつぶれてしまう場合があります。

 

そうなってしまった画像を送ってくださった生徒さんは、きっと

 

「ガ~ン💦」

 

と思って、ご感想を送ってくださいます。

 

「初めて包丁で型外しをしました」

「これって、作り方に原因があるのでしょうか?」

「大きな気泡が出来てしまったのでしょうか」

「味は美味しいのですが、残念です」

 

などというメッセージをくださいます。

 

その場合には、型外しの前面を見せて頂きます。

 

するとわかるのは、シフォンの表面が破れて、中までえぐれて生地が丸見えになっている状態は、明らかに、包丁の刃が1ミリ程度浮いていて、それが内側を向いた状態で進めていくために、生地の皮一枚を剥ぎ落してしまったという結果なんですね。

 

型が透明ならいいのにね(笑)

 

見えない状態で突き進むので、はっきり言って、自分の感覚と勘に頼るしかありません。

 

最初の頃に起こりがちな、皮剥ぎ状態の型外し。

 

私がシフォンケーキレッスンをはじめたころから繰り返されるのが、この課題です。

 

今回は、その、型外しに使っている包丁のご紹介を撮っている動画を、この場でご紹介しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました