一番の決め手は、入金前にも関わらず全く無知な私に先生が誠実に向き合ってくださったこと。と生徒さん

カフェ講座全般

皆さんこんにちは。

岡山県発、米粉シフォンケーキ専門教室konayukiの粉雪シフォンマイスター直子です。

ーーーーーーー

「米粉で、こんなにくちどけの良いシフォンケーキは食べたことが無い」

と言ってもらえる、ノンオイル米粉シフォンケーキを作るための秘伝の技を

教室歴10年、小麦粉シフォンを含むシフォンケーキ研究歴12年の

探求心に溢れた講師が、一人一人に分かりやすくユーモアいっぱいに教えています。

粉雪のように、口の中でとろける触感が自慢です。

 

 

ーーーーーーーー

 

今日は、新しい生徒さんとのやり取りで、とっても嬉しい事があったので共有します。

 

最近の私は、この、粉雪シフォンを通して生徒さんたちの変化を見ていく中で、確信したことがあります。

 

「粉雪シフォン」

 

これは本当に、ものすごく大きな可能性を秘めているという事!

 

粉雪シフォンを忠実に、確実に腕を付けた努力家の方々は全員と言ってよいほど、一生涯の財産とされています。

 

あとは、環境と、手段さえ整えば、一生困らないだけの生活と、生きがいのある人生を送ることができます。

 

ですので、新規でお問い合わせのあった方との会話も、すっごく濃厚になってしまいます。

 

だって本当のことだし、私は生徒さんとお話ししているうちに、その方の未来像まで見えてくるようになってきたのです。

 

 

「その想いを貫く努力と、このまま諦めず、私を信じて付いて来てくれさえすれば、必ず明るい未来が保証されています」

 

そういっても過言ではないと思っているんです。

 

実際に、ここの所、何名もの生徒さんがそのようになっていく姿を、見届けているからなのです。

 

今回も、そのような熱い思いをお伝えする面談となりました。

 

その方が、

 

「今の仕事を続けていくか迷いがあり、いつかは自分の好きなことで仕事したい!」

 

そのような想いをお持ちの方が、もし、その手段に、粉雪シフォンを選んでくださったのであれば本当に、この私の手で力を注いで差し上げたいのです!

 

今回は、〆切直前ではあったものの、そのような方とのセッションがありました。

 

「本当に大丈夫だろうか」

「オンラインなんかで私ついていけるのだろうか」

「機械音痴で不安だらけ」

 

そのような方もご安心ください。

 

私も元々機械音痴方向音痴、教えるのも面倒くさがられそうなタイプでした(笑)

 

それでもね、その気になれば、人って変われるんです✨

 

成長するために必要なスキルって、実際に取り組んでみると、さほど残酷なほどできないことでもないのです。

 

それにね、実際は、じっくりじっくりと少しづつ覚えていけば良いことなので、途中であきらめたりしない限り、たいがい出来るようになります。

 

今回の生徒さんは、カフェ講座のみのコースではなく、開業夢サロンにもご興味を抱いてくださった方。

 

シフォンケーキを作れるようになるだけではなく、そのことを知ってもらう、しかも、ただ知ってもらうだけではなく、来てもらいたいと望む方から、ファンになってもらう事が重要なのです。

 

しっかりと準備に時間をかけたものの方が、価値も高まり、結果的に高いレベルでの集客や成約にむずびつきやすくなります。

 

本当に、この仕組みの意味を、全員の方に知って頂きたいと願うばかりです。

 

そのような熱い思いが伝わった後は、本当に、この仕事を続けていく覚悟と自信につながります。

 

これから必ず変化していくあなたに、寄り添います!!

 

そして、その生徒さんから頂いたメッセージ、共有させていただきます。

 

ご受講を迷われていた方が、最終的に出した判断のキメ手となった事が、私との会話だったのです。

 

はい、WEB集客も学べるカフェショートコースを希望いたします。

一番の決め手は、入金前にも関わらず全く無知な私に先生が誠実に向き合ってくださったことです。

多くのファンや生徒さんたちが付いている大きな理由だと感じました。

先生のように沢山の記事を書いたり発信できるかは自信がないのですが、先生が自信をもって開業に必要な内容をコースに詰め込んでいただいていることがお話や記事で伝わってきた為、私も信じて付いていきたいと思い決断いたしました。

ご迷惑をかけることが多々あるかもしれませんが
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

本当にうれしいです。
こちらこそ!
この先、このレッスンの期間に集中し、目標に向けて、一緒に駆け抜けていきましょうね☆彡

コメント

タイトルとURLをコピーしました