シフォンケーキの由来と、シフォンケーキが日本に伝わってくるまでの歴史について

教室の事あれこれ

シフォンケーキが日本に入ってくるまでの歴史がとても興味深いんですよ♪

今更ですが、改めてシフォンケーキが日本に入ってきたころの歴史を振り返ろうと思います。

 

シフォンケーキの発祥の地は、アメリカなんですよ♪

歴史を色々深堀してみると、シフォンケーキ作りがもっと楽しく感じられます。

 

シフォンケーキの発祥は?

最初にシフォンケーキが作られたのは、ロサンゼルスの料理愛好家である

「ハリー・ベーカー」さんの手によってでした。

それは、1927年のこと。

 

材料に卵白のみを使って作る「エンゼルフードケーキ」のレシピを元に考案され、生地の見た目や食感から「シフォンケーキ」と名付けたのが始まりだそうです。

 

絹のように柔らかいシフォンケーキはすぐに噂になり、セレブタレントのパーティーや有名なレストランにも届けられるほど高い評判を獲得しました。

 

ところが実は、シフォンケーキが誕生してから20年の間、ハリー・ベーカーはレシピを公表しなかったそうなんです!

作り方や材料が分からない謎のスイーツとして知られていたということですね。

 

しかし1947年、これまで極秘とされていたシフォンケーキのレシピが、アメリカの大手食品会社に売却されました。

 

その後レシピ本やラジオ番組などでレシピが公開され、材料にサラダ油を使用することなどが初めて明かされたそうです。

 

レシピが広まるにつれて、高級感あるスイーツとして親しまれてきたシフォンケーキは手軽に作れる身近なお菓子に大変身!

1940年代後半~1950年代にはアメリカ中でブームになるほど、有名なスイーツになったということなんですね!

 

では、シフォンケーキが日本へやって来た時期は?

シフォンケーキが日本に伝来したのは1980年代頃といわれています。

アメリカンホームメイドケーキ専門店がシフォンケーキを販売して以降、日本でもシフォンケーキは大人気に!

1990年代には多数のシフォンケーキレシピ本が出版され、家庭でも作られるようになりました。

ふんわりとした食感と優しい風味はどんな人にも好まれやすく、小さな子どもから大人までたくさんの人々に親しまれてきたということです。

 

今は、シフォンケーキブームは落ちた、と言われる方のお話も耳にはするのですが、シフォンケーキは、やはり工程がはやいのと、アレンジも自在なので、バラエティーに富んだ味にしたり、オイルや砂糖の量を加減して、一人一人の好みの味にしやすいので、

工夫次第で毎日でも食べられるスイーツ兼お食事になると確信しています。

 

最近では、米粉の精製度も上がり、イメージを覆すような美味しいシフォンケーキが作れます。

 

ですが、小麦粉の量をそのまま米粉に置き換えただけでは、食べ比べたときに

 

「やっぱり美味しいのは小麦粉だね」

 

と言われてしまう可能性が高いです。

ですから、粉雪シフォンは、そうならないための秘訣を盛り込んだ作り方を伝授しています。

 

本当に、是非とも粉雪シフォンを一度食べていただきたいと思うくらいです。

 

そんな内容を、簡単にですが、動画でお話ししてみました。→ ★

コメント

タイトルとURLをコピーしました