コロナの影響を機に、天災等でも柔軟な対応が出来る教室作りを!通常レッスンの見通しについて。

教室の事あれこれ

今週は本当なら、上級コースのレッスンが行われる予定でした。

県外からご予定の生徒さんでしたので、公共機関での移動を自粛せざるを得ない社会情勢から、仕方のない結果となってしまいました。

 

東京都は、ついに、週末の移動自粛要請まで発表され、ついに他人ごとではなくなってきたのかな、と胸騒ぎしています。

 

都内の実態を見た後に、近所へ買い物へ出かけてみても、岡山市内は かろうじてまだ、感染経路の少ない地域性もあってか、街や店内の様子は至って穏やかに感じています。

 

「この平和が一変しませんように」

 

と祈るように店を後にしました。

また逆に、騒動になって慌てないよう、万が一のために少しずつ備蓄を増やしておくということも大切ですね。

マスクやティッシュの時の、緊急大騒動を知っている後だからこそ、皆さんもきっと、そうお考えだと思います。

 

さてそんな中、粉雪は、今の教室の在り方自体も、見直す時期が来ているな、と感じずにはいられません。

 

現在、私の師匠である高橋貴子先生から、日々色々な情報を頂き、今後の方向性の在り方についてを学んでいますが、本当にこれは緊急事態だなあと実感しています。

 

実感して、それでどうする??

 

もちろん、即、行動します。

 

昨日、娘の面免許更新に付き合いながら、空いた時間を利用して、車内で色々なことを調べたり、考えたりしていて、今すぐしなければならい事について言及し続けていました。

 

レッスンの開催の有無を無念に捉えるのではなくて、次期への準備期間を頂いたと思うようにし、再度前進していくことに決めました。

 

今のイメージでは、

 

●4月中旬までに、今できる範囲でオンライン講座を可能にしていくこと

●講座とオンラインを併用した講座を設けること

●短期集中型講座を設けること

●オンラインのみの講座も作り上げること

 

そちらの実現に向けて、粉雪は準備を始めますね。

 

現在、1年間の講座を受講してくださっている方の中には、県外からの方もいらっしゃいます。

 

つい先日、県外からお越しの生徒さんから

 

「早くレッスンに参加したい!」

「なんだか置いて行かれたような気持ちです」

「今回は仕方がないので受講できなかったメニューは諦めます。次を楽しみに」

 

などと、切実な思いを伝えて下さいました・・・。

 

県内の方がほとんどですが、今後、天災等の災害時にも対応できる柔軟性を持ち合わせておくことは、受けたかったレッスンを受けることが出来ない生徒さんのジレンマをなくす方法として、重要と考えます。

 

ですが、実現には主催者(粉雪)側の工夫と力量も必要で、それを受講して頂く生徒さん側にも、パソコン操作を覚えていただく必要もあります。

 

只今、実現に向かってまずは、粉雪自身が対応できるよう準備を進めていますね。

いつもリアルで参加していた生徒さんの立場からしたら、オンライン講座は、講師の試食を口にできないといった難点もあると思います。そういった観点も踏まえて、料金設定や内容の構築など、、具体的に考察しますね。

 

以前、鳥取県の方からお問い合わせを頂いたことがありました。

ですが、交通手段が限られていることや、日数通えないことから、結局受講不可となったことで、電話口で残念がられていた事例があります。

 

市内の方でも日数を通えない苦悩を伝えられていた方もいらっしゃいます。

 

色々なことを思い返しながら、今後の粉雪のレッスン形態の変動は必要不可欠とは思っていました。

今後、内容の変動があった際には、LINE公式アカウントやHPなどで情報をお伝えしていきますね。

 

LINEでは現在は2週間に1度程度の配信で、多くても1週間に1回程度の配信です。

まだ、LINE公式アカウントをご登録いただいていない方は、これを機にご登録して頂けると良いかと思います♪

どうぞよろしくお願いいたしますね。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました