リアルレッスンに慣れている生徒さんにとって、オンラインレッスンのイメージとは?

粉雪シフォンの教室について

先日、現在受講中の生徒さんに対し、4月に受講が受けられなかったメニューについて、

「オンラインレッスンでも可能なんですよ♪」

とのご案内をしました。

当初は、きっと喜んで頂けると思っていました。

 

私自身は、オンラインという媒体に携わるようになってから1年が経ちますし、県をまたがってつながれる、優れもののアイテムだというイメージが、そもそも備わっています。

 

ですが、生徒さんにとっては突然聞きなれない

 

「ズームオンラインレッスン」

「オンライン動画レッスン」

 

なんて突然言われると、普通ならどう感じるでしょう。

ぽかぽか過ごしていた地元から突然、先進国へ引っ張っていかれるような思いかもしれませんね。

 

「え、携帯電話やパソコンに向かってレッスン受けるの??」

「てことは、習う前から材料は自分で準備しないといけないの?」

「先生やみんなと、笑ったり和気あいあいしながら受けるレッスンが好き。

コロナが落ち着くまで、いつになってもいいから待ちます!」

 

という意見が90%。

中には回答に困られる方まで💦

 

皆さんのお気持ちを察しながら、どの方向へ向かっていくべきなのか日々頭の中はぐるぐる回っています。

とにかく今、次の受講を待たれている生徒さんにとっては、また1か月空くことへの不安、不満だと思うんです。

どうしようもない現状を目の前にして、いかにその悩みを解消できるだろう・・

何日も考えながら過ごしていました。

 

そこで先日、全員の生徒さんに、シフォンケーキ 一連の作業を、わかりやすく動画編集したものをプレゼントとして差し上げました。

これぞ、

「オンライン動画」

というものです。

 

3月から、コロナの影響で参加できなかった生徒さんや、今一つまだ自宅で作るのが不安だという生徒さんにとっては、欲しかったものが見られた!と言うこともあって

 

「先生、すごい!」

「とってもわかりやすかったです!」

「最初は腰が重かったけど、見ていたら自分で作りたくなりますね。作ってみようかな~」

「この、動画レッスンなら4月の動画レッスンも欲しいです!」

 

等と積極的なお返事がいくつか届きました。

 

結果的に、約3割の生徒さんはズームでの、リアルオンラインレッスンより、手元で好きな時に学べる動画配布型のオンライン動画のほうがいいと言われたんですよね・・。

 

これは驚きました。

でも、そうかもしれないですね。

私も逆の立場でオンラインに不慣れだった場合そう答えるか、と思いました。

 

最近、オンラインレッスンと言えば、リアルタイムに数人が集合し、扉を開けたら参加者さんのお顔がずらりと並んでいて・・・

 

ちょっと、とっつきにくいイメージを受けられることは間違いないと思います。

パソコンの画面で仕切られた、こちら側・・ と言うイメージでしょうか?

実際には、先生の手元がしっかり見ることが出来るのだけど・・。

 

そんな事例を脳裏に浮かべながら、今私がやり始めた事・・

それは、まずは講座の生徒さん向けにレッスン動画を作成することです。

 

「4月でしか習えない旬のイチゴを使ったメニューを今、習えないのは本当に残念💦」

「動画が分かりやすかったから、今月はそちらで受講します!」

 

と言って下さる生徒さんのために一生懸命作っています。

 

ただこれが、一人作業となるとなかなか時間と労力との戦いです。

ただ、平面に向かって作業していては画面の向こうには伝わりません。

 

今既に1本は仕上がっているのですが、それをどのサイトにご案内するべきか、情報収集したりして

使い方、もろもろの壁にぶち当たっています💦

 

今週末には、ご希望の生徒さんにお配りできるように、もう、すぐそこまで配布時期が来ていますのでしばらくお待ちいただいています。

 

また、どうしても、オンラインレッスンよりもリアルを希望される生徒さんにも、この度、粉雪から

もうひとつ、レッスン予習動画を皆さんにお渡しすることにしています。

 

中には一部、ズームオンラインにご興味をお持ちの方もいらっしゃいますので、粉雪ディプロマの生徒さんには知って頂きたいシステムでもあるズームオンラインレッスンレッスンにご案内します。

そちらの内容を生徒さん全員にプレゼントしようというものです。

 

いま、粉雪がまずやるべきことは、その2つ、っていうことで只今、せっせと準備と勉強に明け暮れています!

コロナ自粛になった後のほうが、さらに忙しく、寝不足が続く毎日です。

でもきっと私もこの作業に慣れてきたころには作業性が上がっていくと思います。

 

一般に公開できる時期は、ひとつひとつの事をきちんと熟した後、です!

最終的には、苦手なIT作業に慣れることが第一条件・・。

 

いろいろな告知が予定より遅れ遅れになっているのですが、着実に進めてまいりますので、一般でのお申し込みをお待ちいただいている方はもうしばらくお待ちくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました