旬の食材で作るノンオイル米粉シフォンケーキ 口の中でとろける触感 の根源となったメニューいちご

米粉シフォンケーキメニュー

こんな時ではありますが、粉雪シフォンでは、室内の広さなども考慮し、感染対策を十分に行うことと、室内の広さなども考慮し、レッスンは中止しないで開催しています。

 

3か月前からご予約を頂いていた生徒さん。

旬の食材で作れることをずっと心待ちにして頂いていました。

 

お互いに、日ごろの行動には十分気を付ける前提で元気にお会いすることとなりました。

 

今回は、旬の食材いちご、新玉ねぎでノンオイル米粉シフォンケーキを作りました。

生徒さんは、全てノンオイルシフォンがお気に入りです。

 

 

真っ赤なイチゴも、シフォンにいれると、その色見はほぼなくなりますが、何といってもいちごのプチプチ触感が感じられる甘やわらか~い食感がたまりません♪

 

たしか、米粉シフォンケーキを初めて試作始めたころの素材ですから、なんとなく思い入れも大きいメニューなんです。

 

 

 

ふっくら柔らかに膨らみます♡

 

いちごシフォンの開発当時、まだ小麦粉シフォンご受講中の生徒さんに、

 

「米粉シフォンで作ったら、こんな風になったんよ。食べてみて」

 

と言って食べて貰ったときのご感想が、今の粉雪シフォンの根源となったとも言えるくらいです。

 

「すごい!口の中でジュースみたいに、とろけるシフォン。」

「シフォンジュースみたいです。」

 

最高のコメントでした!!

 

 

 

 

そして、新玉ねぎも、思い入れが強いメニューです。

 

最初、玉ねぎだけで作ってみたら、パンチが欲しいと思って、空想に浸り、まだ味わう事のない段階から、やけに味わいを想像したものでした。

 

その、想像した通りの味わいが、今回のシフォンケーキの出来栄えです。

 

1年目には、食事系シフォンを敬遠する生徒さんも多かった中、2年目には、支持率がアップしたのも新玉ねぎシフォンです。

 

 

 

見た目はしっかりお食事系に焼きあがります!

 

あまりにも、良いにおいが部屋中に漂って、お腹もグーグーなり始めますよ(笑)

お食事系なのに、しっとりジューシー。

そのままでも美味しけど、高級オリーブオイルに付けて食べると、口の中でとろけて無くなってしまうような食感です。

 

今回は、小豆島産のオリーブオイルを♪

これがまた、びっくりするほど美味しいの!!

 

以前、オリーブオイルが切れてしまったので、オーガニック系のお店で買ったオリーブオイルをお出ししたのだけれど、開封直後なのに、それはちょっと苦みを感じるものでした。

 

小豆島産のオリーブオイルは、これほんと、びっくりする美味しさです。

ノンオイルと謳いながらオリーブオイルつけるんかい!

 

と聞こえてきそうですが、高級なオリーブオイルは飲んででも頂いた方が身体によいとも言いますしね♪

 

 

 

生クリームが身体に合わなくなってきたというお年頃の女性には目からうろこの頂き方ですよ~。

 

 

 

今回は、イチゴのハーブティーをお供に、春っぽいティータイムとなりました。

撮影が終わったら、パネルシートをテーブルの真ん中に戻して、現実的に頂いてます(笑)

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました