シフォンケーキに入れる塩の役割ってご存じですか?

粉雪シフォンのシフォンケーキ作りの材料の中に、「塩」があります。

この塩の必要性には、さてどんな意味があるでしょうか。

レッスン中の計量タイムで、塩を入れる場所をついつい間違えてしまうことが、たまにあります。

 

↓↓さて、これはどこがおかしいのでしょうか??

正解は、塩の位置。

シフォンケーキは、卵黄生地とメレンゲに分けて泡立てることは知られていますが、塩は、味付甘さを引き立てる役割という考え方もできますが、シフォンケーキ作りで重要視したいのは、メレンゲのキメをいかにしっかりとさせること。

ということで、そのメレンゲに塩を加えたいわけです。

ですから、軽量の際には、メレンゲに使う砂糖の中に計量したいんですね。

砂糖も、メレンゲをしっかり整えるのに必要不可欠なので、そちらのグループに計量しましょう♪

 

もし、間違えてしまった場合、粉側に入れた塩は出来る限り取り除き、砂糖のほうへ新しく入れなおしてあげてください。

もったいないからと粉に入れたままにして、追加で砂糖のほうへ再度、入れてしまうと、しょっぱいシフォンケーキになってしまうから気を付けましょう。

 

 

 

LINE公式

Instagram

Youtbe

粉雪シフォンの日常
Instagram Feed
Something is wrong.
Instagram token error.
Follow
Load More
グルテンフリーとノンオイルの米粉シフォンケーキ専門教室konayuki・岡山県

コメント

タイトルとURLをコピーしました