みんなが必ずぶつかる見えない壁、シフォンケーキの型外しについて

豆知識

2年前に小麦粉のシフォンケーキ講座を始めたころから、皆さん一番最後にやってくる型外しの時間は、とっても疲れがピーク。

粉雪シフォンを初めて習って、頭も体も疲れ気味のタイミングで、型外しでさらに落ち込んで帰られる方を何人も見届けました。

ある方は

「車の中で泣きながら帰りました」

と告白。

「そこまで思い詰めていらっしゃったんだ」

と驚き、私もどうにかしてあげなきゃ、と思っていた時期がありました。

 

ですが型抜きをしたことがない方には、当然通らざるを得ない道なんです。

今日できなくても、次にポイントを押さえると、途端にコツをつかめるようなることもしばしば。

時には

「前はできていたのに」

とスランプに陥ることだって!

 

ですが本当に、美味しいシフォンケーキをせっかく作れても、型外しのために

「終わりよければすべてよし」

になれないで次回のレッスンを待つのは辛いですよね・・。

 

ですので、今回はYouTube動画を始めたきっかけに、せめて型外し位自信をつけてきていただきたいなと思い、私の手元を全てお見せしますよ♪

 

私も2年前までは、手元が木のタイプで、普通に市販で売られているシフォンナイフを使っていました。それでもまあまあ切れに切れていました。

 

ある時、Instagramで知った「シフォン21」のナイフを知り、画像のつやと角がシュッとして切れの良い出来栄えを見て

「わっナイフ買えたらあんな風に切れるようになるのかも知れない」

と思い、1本16000円越えのお値段にもかかわらず、即買いしてしまった私。

届いたときは、それはもう恰好が良くて素敵で、もう嬉しくて、しばらく撮影タイムに入ってしまったものです。

ですが初回はがっくり・・・。

ナイフの突き刺した筋が、スパイラルに残るんです。

キリっとしすぎじゃが・・

 

1度でへこたれて、使うのをいったん辞めました。

ですが毎週毎週シフォンケーキを焼くうちに、もう一度試してみようと思って、心を落ち着かせ、

イメージトレーニングを繰り返した後に行ったら♪

 

「やば~っ 美しい!」

と、感激の出来栄えだったんですよね!

 

そこからもう、元さやに戻れなくなっていきました。

今ではスピードも力加減も整ってきて、本気出したら全面ツルピカ✨です。

 

特に、生地がシンプルなプレーンは、艶が出ます。

生まれたての赤ちゃんみたいなお肌のようです。

 

コツさえつかめると、やはり市販の物より段違いで、すっきりした断面が切れるようになりました。

 

ですから今でも型抜きに自信がない方は、参考になるかわからないですが、イメージトレーニングにはなるはずですので、どうぞご覧ください。

 

●側面型外し → 

 

●まずは右手をしっかりと地面に向かって抑え込みます。

●左手は、右手の進行方向に合わせて少しずつ転がしていきます。

●右手はいつも地面を這う位置をキープできるよう、左手で回すタイミングを合わせます。

●とにかく一周は結構長いですが、精神統一!考え事をしていたり、気が散っただけでも、その瞬間傷がつきます。

●最後の最後まで集中してくださいね。ナイフの下面、端が浮かないように、浮かないように、そう、最後まで浮かないように・・・

が、いつも声掛けしているコツです!

 

次回は底面も解説付きで動画にしたいと思います♪

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました