オーブンの扉の汚れ、諦めていませんか?重曹と電解水で環境にも優しく、楽々でピッカピカに✨

粉雪シフォンの教室について

我が家のオーブンは、全部で3台!

パナソニックビストロ1台と、リンナイのガスオーブン2台。

そのうちガスオーブンの方では、結構バターの多いパンを沢山焼いてきたせいか、扉の内側は拭いても取れない汚れがこびりついてしまっていました。

 

最近はシフォンケーキを焼く機会が多いわけですが、そのシフォンケーキを焼いている間は、膨らみ加減を確認できないくらい扉の内側が汚れていました。

 

2台のうち左側の方が6年ぐらいになるのですがもう本当に、この汚れは取れないもんだ、とあきらめていたんです。

 

ある番組で、重曹と電解水を使ったレンチン掃除の仕方をしょうかいされていたので、速攻でネットで購入!

 

でも、レンチン掃除では、まったく期待通りに汚れは落ちませんでした。

 

そしてある時、アルミホイルで窓の汚れを落とす!という番組を見たんです!(番組名とか、すぐ忘れるんです!)

 

そこで、今回その画期的な使い方で、ものの見事にピッカピカに我が家のオーブンが見違えったんです!!

その時の感動を、ある友人に動画で送ってあげるために、携帯で撮影したんですが、今回の、この情報は本当に結果が出るので、役立つ方が居るのではないか??

と思い、粉雪シフォンのチャンネルで紹介することにしました!

 

つなぎが不自然ですが、多めに見てね。

そしてぜひこのアイテムを使って、おうちのオーブンをピカピカにしてください♪ → ★

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました